2019年度 午後Ⅱ

問18過去のプロジェクトの開発実績から構築した作業配分モデルがある。システム要件定義からシステム内部開発までをモデルどおりに進め,228日で完了してプログラム開発を開始した。現在,200本のプログラムのうち100本のプログラム開発を完了し,残りの100本は未着手の状況である。プログラム開発以降もモデルどおりに進捗すると仮定するとき,プロジェクト全体の完了まであと何日掛かるか。ここで,プログラムの開発に係る工数及び期間は,全てのプログラムで同一であるものとする。

〔作業配分モデル〕

要件定義 システム
外部設計
システム
内部設計
プログラム
開発
システム
結合テスト
システム
テスト
工数比 0.17 0.21 0.16 0.16 0.11 0.19
期間比 0.25 0.21 0.11 0.11 0.11 0.21
  1. 140
  2. 150
  3. 161
  4. 172
解答欄
問18

答え. イ

問われているのは「あと何日掛かるか」なので、今までの工程で掛かった期間とその比率から、これから掛かる期間を算出する。
期間比の要件定義、システム外部設計、内部設計の比率の合計は、
 0.25 + 0.21 + 0.11 = 0.57
これに要した日数が228日なので、プロジェクト全体の所要日数は
 288(日)÷0.57 = 400(日)
である。残りの作業はプログラム開発の半分、システム結合テスト、システムテストのため、残りの作業の期間比は
 0.11÷2 + 0.11 + 0.21 = 0.375
とであり、プロジェクト全体の完了までに掛かる日数は、
 400(日)× 0.375 = 150(日)
となる。