2019年度 午後Ⅱ

問13入出力データの管理方針のうち,適切なものはどれか。
  1. 出力帳票の利用状況を定期的に点検し,利用されていないと判断したものは,情報システム部門の判断で出力を停止する。
  2. 出力帳票は授受管理表などを用いて確実に受渡しを行い,情報の重要度によっては業務部門の管理者に手渡しする。
  3. チェックによって発見された入力データの誤りは,情報システム部門の判断で迅速に修正する。
  4. 入力原票やEDI受信ファイルなどの取引情報は,機密性を確保するために,データをシステムに取り込んだら速やかに廃棄する。
解答欄
問13

答え. イ

サービス運用において抑えておくべきな考え方は、

  • 情報システム部の判断でデータや運用方法を変更しないこと
  • インシデント発生時に追跡できるようにすること
の2点である。

これを踏まえると、出力帳票の出力を停止することや、データの修正は、情報システム部の判断で行ってはならず、利用者に確認したのちに実施するべきである。
また、入力データの誤りなどのインシデント発生時に追跡できるよう、入力原票やEDI受信ファイルなどの取引情報は機密情報であっても一定期間保持すべきである。この際、保存する情報はその機密性に応じた適切な管理が必要となる。

したがって、入出力データの管理方針として適切なのは「出力帳票は授受管理表などを用いて確実に受渡しを行い、情報の重要度によっては業務部門の管理者に手渡しする。」である。