2019年度 午後Ⅱ

問9JIS Q 20000-2:2013(サービスマネジメントシステムの適用の手引)によれば,構成管理プロセスの活動として,適切なものはどれか。
  1. 構成品目の総所有費用及び総原価償却費用の計算
  2. 構成品目の特定,管理,記録,追跡,報告及び検証,並びにCMDBでのCI情報の管理
  3. 正しい場所及び時間での構成品目の配布
  4. 変更管理方針で定義された構成品目に対する変更要求の管理
解答欄
問9

答え. イ

サービスマネジメントシステムにおける構成管理プロセスでは「構成品目の特定,管理,記録,追跡,報告及び検証,並びにCMDB(Configuration Management Database/構成管理データベース)でのCI(Configuration Item/構成アイテム)情報の管理」を行う。

※基本的に、〇〇管理プロセスの〇〇にはそのプロセスの管理対象が入る。つまり、構成管理プロセスは"構成"を管理するプロセスであると解釈できる。

「構成品目の総所有費用及び総原価償却費用の計算」は、費用の管理であるため「サービスの予算業務及び会計業務プロセス」で行う。
「正しい場所及び時間での構成品目の配布」は、配布(=リリースまたは展開)を管理するため「リリース及び展開管理プロセス」で行う。
「変更管理方針で定義された構成品目に対する変更要求の管理」は、変更を管理するため「変更管理プロセス」で行う。