2019年度 午後Ⅱ

問3ITIL 2011 editionによれば,サービス・ポートフォリオとサービス・カタログの関係の説明のうち,適切なものはどれか。
  1. サービス・カタログは,サービス・ポートフォリオで管理するサービスのうち,稼働中の全てのサービスを記載したものである。
  2. サービス・カタログは,一つのサービス・ポートフォリオに対して一つであり,1対1に対応している。
  3. サービス・ポートフォリオで管理するサービスのうち,稼働中及び開発中のサービスをサービス・カタログに記載する。
  4. 廃止済みサービスは,顧客への告知のためにサービス・カタログには残すが,サービス・ポートフォリオからは削除する。
解答欄
問3

答え. ア

サービス・ポートフォリオ(service portfolio)とは、サービスプロバイダが保持・管理しているITサービスを一覧化した文書やデータベースなどであり、各サービスの状態によって以下のように細分化される。

  • サービス・パイプライン
    顧客へ提供できる状態にない、計画中または開発中のサービスの一覧。
  • サービス・カタログ
    顧客へ提供可能な、稼働中または稼働準備中のサービスの一覧。
  • 廃止されるサービス
    廃止、提供中止したサービスの一覧。 廃止することが決定したサービスを含むこともある。

サービス・カタログは、利用できるサービスや、すでに利用しているサービスの情報を顧客に提示するものであり、「顧客向け(事業)サービス・カタログ」と「支援(技術)サービス・カタログ」の2種類ある。サービス・ポートフォリオの一部ではあるものの、役割や目的はサービス・ポートフォリオと異なる。

サービス・カタログはサービス・ポートフォリオの一部であるが、サービス・カタログには開発中のサービスや廃止済みサービスは収録しない。また、サービス・カタログは2種類あるため、必ずしもサービス・ポートフォリオと1対1に対応しない。以上より、「サービス・カタログは、サービス・ポートフォリオで管理するサービスのうち、稼働中の全てのサービスを記載したものである」が適切である。