2017年度 午後Ⅱ

問22図は,組織内のTCP/IPネットワークにあるクライアントが,プロキシサーバ,ルータ,インターネットを経由して組織外のWebサーバを利用するときの経路を示している。この通信のTCPコネクションが設定されている場所はどれか。
  1. クライアントとWebサーバの間,クライアントとプロキシサーバの間
  2. クライアントとプロキシサーバの間,プロキシサーバとWebサーバの間
  3. クライアントとプロキシサーバの間,プロキシサーバとルータの間,ルータとWebサーバの間
  4. クライアントとルータの間,ルータとWebサーバの間
解答欄
問22

答え. イ

TCP (Transmission Control Protocol) は、IPと同様にインターネットにおいて標準的に利用されているプロトコルである。TCPでは、データ転送を始める前にWebサーバとクライアントの間で論理的な通信路(コネクション)を設定する。

クライアントがプロキシサーバを経由してインターネットにアクセスする場合、TCPコネクションはクライアントとプロキシサーバの間、プロキシサーバとWebサーバの間にそれぞれ設定される。プロキシサーバ (Proxy Server) とは、クライアントの代わりにインターネットへのアクセスを中継するサーバであり、組織内のクライアントが組織外のWebサーバにアクセスする際にプロキシサーバを経由することで、組織内のクライアントの匿名性を担保したり、URLをフィルタリングすることができる。なお、プロキシ(Proxy)は英語で「代理」を意味する。
なお、SSL/TLSを使用した通信の場合、TCP通信がが暗号化されており、プロキシサーバが通信に介入するのは困難であるため、プロキシサーバは通信に介入せず(SSLトンネリング)クライアントとWebサーバが直接通信することが多い。