2016年度 午後Ⅱ

問14データセンタにおけるコールドアイルの説明として,適切なものはどれか。
  1. IT機器の冷却を妨げる熱気をラックの前面(吸気面)に回り込ませないための板であり,IT機器がマウントされていないラックの空き部分に取り付ける。
  2. 寒冷な外気をデータセンタ内に直接導入してIT機器を冷却するときの,データセンタへの外気の吸い込み口である。
  3. 空調機からの冷気とIT機器からの熱排気を分離するために,ラックの前面(吸気面)同士を対向配置したときの,ラックの前面同士に挟まれた冷気の通る部分である。
  4. 発熱量が多い特定の領域に対して,全体空調とは別に個別空調装置を設置するときの,個別空調用の冷媒を通すパイプである。
解答欄
問14

答え. ウ

コールドアイル(cold aisle)は、直訳すると「冷たい通路」であり、データセンターやサーバルームなどで、機器を冷却するための冷たい空気が流れる空間のことである。反対に、機器の排気口から部屋の換気口までの熱い空気が流れる空間をホットアイル(hot aisle)という。

データセンターでは、コンピュータや通信機器などの機器を棚(ラック)などに並べる際、吸気口がある機器の前面同士と、排気口がある機器の背面同士が向き合うように棚を配置することが多い。このとき、機器の吸気口が向き合った棚の間の空間がコールドアイルである。コールドアイルは冷たい空気を供給し、これを機器の吸気口から取り込むようにすることで、機器の内部を冷却する。