2016年度 午後Ⅱ

問7目標復旧時点(RPO)を24時間に定めているのはどれか。
  1. アプリケーションソフトウェアをリリースするための中断時間は,24時間以内とする。
  2. 業務データの復旧は,障害発生時点から24時間以内に完了させる。
  3. 業務データを,障害発生時点の24時間前以降の状態に復旧させる。
  4. 中断したITサービスを24時間以内に復旧させる。
解答欄
問7

答え. ウ

RPO(Recovery Point Objective/目標復旧時点)とは、システムの障害でデータが破損した際、復旧したデータがどの時点まで"戻る"ことを許容するかを示す目標値のこと。これにより、バックアップ・データを取得するタイミングや頻度が決定される。
「RPOを24時間に定める」ことは、障害発生から24時間前の時点までならデータが遡ってもよいことを意味するため、正解は「業務データを,障害発生時点の24時間前以降の状態に復旧させる。」である。

類似の用語として、障害などでシステムが停止した時点からサービスを復旧するまでにかかる時間の目標値を示す"RTO"(Recovery Time Objective/目標復旧時間)がある。残りの選択肢は、すべて「RTOを24時間以内に定める」こと意味する。